40ドル(forty dollars)と14ドル(fourteen dollars)の聞き分け方

当サイトは英語リスニング教材「スピードラーニング(Speed Learning)」の体験談ブログです!英語を聴き取れる、話せるようになるまでの実況中継を送ります!現在、第18巻「アメリカの夏休み」を受講中!

現在、スピードラーニング 第18巻「アメリカの夏休み」を受講中!

スピードラーニング 英語

スピードラーニング 英語 公式サイト » ←体験談動画あり!BGMの秘密

40ドル(forty dollars)と14ドル(fourteen dollars)の聞き分け方

スピードラーニング第二巻「旅行の英会話」の「英語 Only」CDを聴いていた時のことです。

まだ、「英語 - 日本語」CDを聴いていなかったので、日本語訳は自分でなんとか分かる部分だけを解釈するしかありません。

「旅行の英会話」には空港のインフォメーションで、空港からホテルまでのタクシー代を尋ねる場面がでてきます。

インフォメーションの人は「About フォーティーダラーズ」と答えました。

僕はこの部分を聴いて、「フォーティー(forty / 40)」なのか?それとも「フォーティーン(fourteen / 14)」なのか?と迷ったんです。

タクシー代が約40ドルと約14ドルでは、だいぶ違いますからね。

この場面では、結局「フォーティー(forty / 40)」なのか「フォーティーン(fourteen / 14)」なのか分かりません。

まぁ、気にせず聞き続けました。

そして、実際にタクシーに乗る場面がやってきました。

ホテルに着ついて金額を尋ねると、タクシーの運転手が「フォーティートゥーダラーズ アン フィフティセンツ」と答えました。

「フォーティートゥーダラーズ アン フィフティセンツ」

すぐに頭の中に次の数字が浮かびました。

42.50

つまり、「forty-two dollars and fifty cents.」ですね。

ということは、空港での「About フォーティーダラーズ」は「About forty dollars(約40ドル)」ということが、この場面で分かります。

「約14ドルです」と言われて、実際は40ドルだったら怒りますよね(笑)

このように、正確に聞き取れなかった場面でも、後の文脈から意味が分かることがあります。

だから、意味が分からない場面があったとしても、後の文脈から類推するクセをつけておくといいと思います。

もしかしたら、スピードラーニングはわざとこういったストーリーにしているのかもしれませんね。

だとしたら、すごい教材ですね。

スピードラーニング(Speed Learning)

次の記事:英語学習についての常識をいったん白紙にする

前の記事:やっと日本語訳を聴きました!

このカテゴリーの最新記事

このサイトの最新記事

石川遼くんの
英語勉強法

↑↑↑
インタビュー動画を見ることができます!

体験談ブログ カテゴリー

体験談ブログ 月別バックナンバー

オススメ!メルマガ

海外ドラマから学ぶ英会話

僕が書いているメルマガです!

英語以外の言語を習得

オススメ!小型音楽プレーヤー

スピードラーニングのCDをパソコンに取り込んで、小型音楽プレーヤーに録音すれば、移動中が語学教室に!

ipod nano
Apple iPod nano 第5世代 16GB ブルー MC066J/A 最新モデル
WIN/MACの両方で使えます!

モバイルサイト

当サイトはモバイル版もあります。

モバイル版
スピードラーニング体験談ブログ モバイル版

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録