行きは「英語 Only」CDで想像、帰りは「英語 – 日本語」CDで確認

昨日はプライベートで千葉まで行ってきました。

うちから千葉まで遠いいです。。

電車で約90分。

もちろん、電車に乗っている間はスピードラーニングをずーと聴いていました。


昨日は行きの電車の中ではスピードラーニング第1巻「日常英会話」の「英語 Only」CDだけを聴きました。

もう、90分間、何度もリピートして聴いていました。

本を読みながら聴いていたので、まさに流し聴き。

「英語 Only」CDは英語だけが流れるので、本を読むのには差し支えないですね。

でも、もう今までに何度も聞いているので、どんなやり取りをしているのか、なんとなく分かるんですよね。

だから、部分部分では本の内容よりも、スピードラーニングで行われている会話のやり取りの方に意識が多く向いてしまったりということがありました。

そして、帰りの電車では「英語 – 日本語」CDを聴きながら、またまた読書。

今度は日本語が流れるので、多少は本に対する集中力が奪われます。

それでも、行きに聴いていた「英語 Only」CDの内容を確認する感じで、より会話の内容が脳にインプットされました。

正直、もう、第1巻に関してはかなりの英会話フレーズを暗記していますね。

今後も何度も聞き続け、何も考えずにスッと口から出てくる英会話フレーズを増やしていこうと思います。

移動中に聞き流すだけでも、会話で使われている英会話フレーズがけっこう脳みそに残るんですよね。