2週間、英語 Only CDを聞き続けました!低い壁から設定する

スピードラーニング(Speed Learning)第4巻、「文化の違い」が12月17日に届いて以来、この2週間「英語 Only CD」だけをひたすら聞き続けました。

僕は自宅で仕事をしているので、午前中はBGMのように流しっぱなしです。

といっても、ずーとこればかりだと飽きてしまうので、だいたい2時間くらいですね。


CDから聞こえてくるのは、ネイティブのきれいな聞き取りやすい英語とBGMとして流れているクラッシック音楽だけです。

日本語は一切流れてきません。

当然ですね、「英語 Only CD」ですから。

特に、第4巻「文化の違い」は、今まで一番BGMのクラッシック音楽が好きですね。

誰の音楽なんでしょうか?僕は全くクラッシック音楽について素人なので。。

第4巻「文化の違い」を最初に聞いた時は、どんな会話が話されているのかあまり分かりませんでしたが、今はなんとなく分かります。

英語だけでも2週間ひたすら聞き続ければ、なんとなく内容が予想できるものです。

まぁ、スピードラーニング(Speed Learning)をはじめてから3ヶ月弱が経ちますからね。

だいぶ、耳も英語を聞くことに慣れてきたんでしょうね。

あとは、スピードラーニング(Speed Learning)の英語はとにかく発音が聞き取りやすいんです。

非常にきれいな英語なんですね。

映画や絵画ドラマは英語学習用に作られていないので、なかなか聞き取れません。というか、早すぎるんですね、話すスピードが。

でも、スピードラーニング(Speed Learning)なら、英語初心者でも意外と聞き取れてしまうくらい、非常に聞き取りやすい発音とスピードの英語です。

やっぱり、はじめるなら最初は低い壁を設定すべきです。

いきなり高い壁を設定してしまうと、なかなかその壁を超えられないので、挫折してしまう可能性が高いです。

そうではなくて、最初はできるだけ低い壁を設定する。

ラクラク、超えられる壁からスタートする。

そして、成功体験を積み重ねていく。

こうなってくると、やっていて苦痛ではなくなるので、継続できると思います。

何事も継続できないと上手にはなりませんからね。

そして、継続できれば、どんなこともそれなりにできるものです。

今、自分が得意としていることも、結局は継続できていることですからね。

継続するには、できるだけ低い壁からスタートして、徐々に、壁の高さを上げていくのが一番です!