スピードラーニング韓国語を聞いた感想、韓国語と日本語は似ている言葉が多い

スピードラーニング(Speed Learning)といえば英語以外の外国語があるのも特徴ですね。

先日、スピードラーニングの韓国語のサンプルCDを聞く機会があったのですが、英語だけでなく韓国語も勉強したくなってしまいました。

英語よりも敷居は低いような印象を受けましたね。

というのも・・・


韓国語と日本語は発音が似ている言葉が多いからです。

たとえば、こんな似ている言葉があります。

◎日本語 ー 韓国語

・万歳 ー マンセイ

・友情 ー ウジョン

・チャリンコ(自転車) ー チャジョンゴ

・約束 ー ヤクソ

などなど。

なぜ、韓国語と日本語は似ている言葉が多いのか・・・?

それは、韓国語も日本語も発音は元々は「漢字の読み」からきているからだそうです。

英語って日本語とは全く違う言葉という印象がありますが、韓国語は日本語と似ているんですね。

つまり、僕ら日本人にとって、韓国語の方が英語よりもスタート時点で一歩前に出ているマスターしやすい言語と言うことができます。

成田空港から韓国ソウルの仁川国際空港まではたった2時間で行ってしまいます。

千葉からほど遠い場所に住んでいる僕としては、「自宅から成田空港」と「成田空港から韓国」まではほとんど同じくらいの距離に感じてしまうほどです。

そんなお隣さんの国、韓国。

キム・ヨナちゃんをはじめ女の子はかわいいし、食べ物は美味しいし健康的だし、人口は日本の半分以下なのにスポーツは強いし。

韓国って実はすごく魅力的な国だと思いますね。

特に、韓国ドラマにハマっている主婦さんなどは、韓国ドラマを楽しむだけでなく、韓国語を一緒に学ぶべきだと思います。

やっぱり、言葉を知ることは、その国の文化を知ることにつながりますから。

韓国に旅行にいっても、韓国語がちょっとでも話せた方が旅行も楽しく充実したものになりますから。

もし、あなたが韓国ドラマに夢中になっているのなら、スピードラーニング韓国語は、すごくオススメです!

というのも、スピードラーニング韓国語は、韓国ドラマ顔負けの次の展開が気になるストーリー展開になっているからです。

どうせなら、異国の言葉を覚えながらドラマも楽しみたいですね!

スピードラーニング韓国語 公式サイト

↑ 体験者の動画は必見です!

↓ 以下の動画では、体験者の動画の一部を見ることができます。