アメリカ人には通じない日本人のジェスチャー

当サイトは英語リスニング教材「スピードラーニング(Speed Learning)」の体験談ブログです!英語を聴き取れる、話せるようになるまでの実況中継を送ります!現在、第18巻「アメリカの夏休み」を受講中!

現在、スピードラーニング 第18巻「アメリカの夏休み」を受講中!

スピードラーニング 英語

スピードラーニング 英語 公式サイト » ←体験談動画あり!BGMの秘密

アメリカ人には通じない日本人のジェスチャー

第一巻「日常英会話」の英語がもっと楽しくなる情報誌「もっと English」に、アメリカ人のジェスチャーについて説明している箇所があります。

情報誌「もっと English」

アメリカ人といえば、大げさなジェスチャーが特徴ですね。

そして、アメリカ人と日本人では使う言葉が違うように、ジェスチャーにも違いがあります。

ここでは、情報誌「もっと English」に掲載されていた事例を紹介しますね。

たとえば、「ダメ」というジェスチャーをするとき。

日本人なら両手を交差して「バツ」をつくります。

でも、アメリカ人は両手を前に出して「ストップ」のような感じでジェスチャーします。

「バツ」を作っても、アメリカでは何を言っているのか通じないということです。

これは、僕も知りませんでした。

でも、こういうことを知らないだけで、ちょっとしたトラブルに巻き込まれる事って実際にありますからね。

外国人とコミュニケーションをしっかりと取るには、口から出す言葉だけでなく、身振り手振りといったジェスチャーにも精通しておく必要があるということですね。

映画や海外ドラマを見れば、そういったことを知ることができるかもしれませんが、スピードラーニングにも様々なネイティブのジェスチャーが紹介されていますよ!

「日本人がよくするタブーなしぐさ」も紹介されていますから。

言葉だけでなく、ネイティブのボディランゲージについても知りたい人は、ぜひスピードラーニングに挑戦してみてください^^

スピードラーニング(Speed Learning)

次の記事:日本の常識はアメリカなどの海外では通じない時もある

前の記事:中学校の教科書で習った英会話はネイティブは使わないという事実

このカテゴリーの最新記事

このサイトの最新記事

石川遼くんの
英語勉強法

↑↑↑
インタビュー動画を見ることができます!

体験談ブログ カテゴリー

体験談ブログ 月別バックナンバー

オススメ!メルマガ

海外ドラマから学ぶ英会話

僕が書いているメルマガです!

英語以外の言語を習得

オススメ!小型音楽プレーヤー

スピードラーニングのCDをパソコンに取り込んで、小型音楽プレーヤーに録音すれば、移動中が語学教室に!

ipod nano
Apple iPod nano 第5世代 16GB ブルー MC066J/A 最新モデル
WIN/MACの両方で使えます!

モバイルサイト

当サイトはモバイル版もあります。

モバイル版
スピードラーニング体験談ブログ モバイル版

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録